ペットローンのお急ぎの対応の評判ってどう?

ペットローンを取り扱っている銀行や信販会社は多数ありますがいずれのローンでも返済する際には利息必要です。

一般的に金利が低いとされている順だと、銀行、信販会社、消費者金融という並びになり審査の厳しさは金利が低くなるほどハードルが上がると言われています。

銀行ペットローンの場合、イオン銀行は年3.8%から年8.8%、スルガ銀行の場合は年2.5%から年7.5%でオリコの多目的プランの場合、年利6.0%から13.2%なので、銀行より高金利なのがわかりますね。

ちなみに消費者金融(プロミス)の場合は、ペットローンはないので目的ローンという商品になりますが金利は年6.3%から年16.5%とかなり高金利なのがわかりますね。

借入可能な限度額はイオン銀行で700万円、スルガ銀行は800万円なのに対し消費者金融の借入だと300万円しか融資を受けられません。

ペットも生き物ですからケガや病気になる可能性は十分にありますが人間のような医療保険制度は未成熟だったりします。

ちょっとした通院でも全額実費になりますのでペット本体よりも治療費のほうが高額になることも珍しくありません。

近頃はペット保険が普及しつつありますが、給付条件が厳しいなど保険に入るメリットを感じられない保険も多く見受けられます。

又、ペットが若いうちは保険のお世話になる心配は少ないことからペット保険は損と感じる人も多いようです。

今は、転ばぬ先の杖としてペット保険に入るのではなく何かあったときにペットローンの利用を考えている人も多いようです。

関東以北の人にはなじみ深いカインズホームではペット用品が豊富に取り扱われている一方、生体の販売は見かけませんね。

しかし、関東地方を中心とした日本各地において「ペッツワン」というペットショップが併設されてる場合があります。

ペッツワンのペットはカインズホームのHPから確認することができ犬や猫をはじめ、鳥や小動物、観賞魚など、カテゴリー別に検索することができます。

トップページには1ヶ月以内の新着犬がランダムに表示されるので運命の出会いがあるかもしれません。

この子!と言う子が見つかったら、すぐに連れて帰りたいのが心情です。

資金に不安を感じたらペットローンの利用をおすすめします。

ペットローンはペットの購入費や治療費など使い道が限られているローンですがローンに申込んで審査をクリアしなければ利用することはできません。

申込み方法には郵送やインターネットがあり、申込書に記入し送付または送信しなければいけません。

申請に必要なものとして、パスポート等の本人確認書類のほかに収入証明書類の提出が求められる場合もあります。

すでに他社からの融資を受けていて、今回の借入と合算して100万円を越える場合や所得制限があるローンでも収入証明書類が必要ですので、事前に用意しておきましょう。

ペットローンは使い道が制限されているローンですからペットショップが発行する見積書や領収書など使い道を確認できる書類も必要です。

楽天市場やクレジットカードで知られている楽天ですがペットローンと言う商品は取り扱いがありません。

楽天銀行にはスーパーローンという使途が自由なカードローンがありますがその他には教育ローンやブライダルローンといった目的型ローンがあります。

銀行の目的型ローンというのは使途が限定されるだけで内容に規定はないのが一般的なのですが楽天銀行の目的型ローンは使い道についても限定されています。

楽天銀行のサイトには、自動車ローンもありますが自動車ローンは目的型ローンではなく楽天スーパーローンでの対応になります。

このように楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育以外の借入は楽天スーパーローンということになりますのでペットローンというサービスにこだわる必要性はありません。

ペットローンとはペットショップなどで動物を購入する場合に購入資金を工面するために用意されたローンです。

柴犬でも13万円から28万円が相場となっていますしトイプードルやロングチワワでは20万円から38万円と高価になります。

アメリカンショートヘアーやスコティッシュフォールドなど人気の猫種だと、20万円から28万円が相場となっていてブリティッシュショートヘアーの場合だと21万円から38万円となっています。

更に血統書の有無でも価格が大きく変わることがありますから犬や猫を飼うということは、高性能のパソコンなみにお金がかかりますから決して安い買い物ではないのです。

特にペット選びというのはビビッときた子が運命の出会いですからペットローンを有効に利用してお迎えしてください。

ペットローンという商品を扱っている金融機関はまだ少ないですが多目的ローンというローンで対応している金融業者は多いです。

ローンを提供している金融機関には銀行や信販会社、消費者金融がありますが、消費者金融は総量規制がありますので無職の人は申込むことができません。

銀行は総称規制の対象外なので法律上は無職や無収入の人でも借り入れることはできますが、申込資格に安定かつ継続した収入があることと条件付けされている場合が多いので、完全に無収入の人は厳しいでしょう。

信販会社のショッピングローンは商品を購入するためだけのローンなのでペットローンの場合はペットの購入代金を信販会社が立て替えて支払う仕組みになっています。

直接現金を借り入れるわけではありませんので、なんとなく審査のハードルは高くないように思われますがこちらも申込資格には「安定継続した収入」という項目があることが多いです。

ペットローンは生き物(動物)を購入するためのローンですがいわゆる一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。

つまり、ローン審査を通らない限りお迎えしたい子がいてもペットローンを利用できません。

参考:ペットローンの審査が甘いのはどこ?お急ぎの方にも対応できる借り入れ先

ペットローンに落ちたことで、気にいった子をお迎えできなかったという話を聞くことがありますが審査に落ちたという人は、何らかの原因が必ずあります。

過去に自己破産をしていたり携帯電話の支払いを遅れたことがあるという人は信用情報に記載されている可能性が高いです。

その他にも、数社からカードローンを借りているとか虚偽の申告をしてしまったという場合は通るわけがありません。

住宅ローンを利用する際に審査を避けて通れないようにペットローンでも審査をクリアする必要があります。

ペットローンを取り扱っている金融機関には銀行や信販会社がありますが銀行のペットローンは審査が厳しくハードルが高いとされています。

銀行のペットローンはペットショップで組むローン(信販会社)よりも低金利で人気がありますが金利が低いほど審査が厳しくなるという傾向にあります。

ちゃんと返済してくれる人であれば安心して貸すことができるということでその見返りとして低金利で貸してあげますよという事なのです。

銀行のペットローンが一番審査が厳しく次いで信販会社のペットローンが審査が厳しいと言われています。

ペットショップで販売している動物は数十万円という高額なので現金一括払いという人は少ないと思います。

ペットが売れないことにはショップも商売になりませんので信販会社と提携してローンを組めるようにしているショップが多いです。

ショッピングローンはペットの購入代金を信販会社が立て替えて支払ってくれるというもので購入者は信販会社へ利子を付けて分割で返済していくことになります。

クレジットカードと変わらないのは?と思われるかもしれませんがショッピングローンというのはペットならペットだけがローン対象となるローンです。

ペットショップで申込書に記入するペットローンもショッピングローンなのでカードが発行されることはありませんし追加融資も受けられません。