ETCカードの作り方は簡単?おすすめのカードは?

ETCカードを利用して高速道路の出口を通る際、問題なければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

万が一出口でトラブルが発生してしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

もしエラーが発生したら車載器からエラーの警告音が出ます。

エラーに気づかないままレーンに入ってもゲートのバーには「STOP」の表示のみが出て、詳細がわかりません。

そのためにETCレーンに減速しながら入っていくことになっています。

バーに接触しないように車を停めましょう。

その際、事故につながることがあるため停車後に焦って車外に出ないようにしましょう。

停車後はバーの手前にインターホンがあるので係員の指示に従うようにしましょう。

係員に直接カードを渡して処理になりますが入り口でETCレーンを通過していれば割引は適用されるので安心してください。

皆さんは普段、高速を利用する時にETCカードは利用されていますか?もし持っているけど使っていないならすごくもったいないです。

なぜかというとETC利用で高速道路の料金割引が受けられるからです。

例えば、NEXCOが管理している高速道路の地方部利用料が30%オフになるんです。

他にも平日朝夕割引や深夜割引といった割引も行っているようです。

また、割引が適用されない区間でもほとんどの人が経験したことがあると思う料金所の一般レーンの渋滞を気にすることなくスムーズに通過できます。

ここまで読んでETCってお得!カードを作らなきゃと思った方は所持しているクレカ会社に追加で発行してもらうかサブとして新規でクレカと一緒に申し込みしましょう。

休日に車で遠出をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?ETCカードを利用している方が大半ではないでしょうか。

実際にNEXCO東日本の調べでは先月のETC利用率は約9割になっているそうです。

なぜこれほどまでに利用率が高いのか調べてみたところ一般レーンでの支払いに比べて短時間で通過できることや休日割引などの料金割引が適用されて一般レーンよりお得という理由がありました。

料金割引に関して木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインを例にすると普通車料金が現金で3090円なのに対してETC利用では800円とかなりの差額が出ています。

また、親となるクレカ会社次第ではガソリン給油割引がついているカードもあります。

高速道路の料金が自動で引き落とされるETCですがネットを見ていたらいろいろな質問がありました。

「ETCカードで給油はできますか?」という質問です。

結果としては、基本的にはできません。

基本的にと書いた理由としては、クレカ機能付きの一体型ETCカードの場合は給油できるからです。

では、どこで申し込めばクレカ機能も付いた一体型のカードが発行されるのでしょう。

出光やコスモ石油などガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。

クレカ一体型は一枚で買い物やETC走行ができるので管理が楽ですが高速道路を走っていて休憩でよったサービスエリアでクレカ決済をしようとすると毎回車載器から抜かなければ使えないという少し面倒な面もあります。

「大学生のうちにクレカを作っておこう」と言う話を聞くことがあります。

学生だとクレカは作れないんじゃない?と思う方もいると思いますが学生はクレカの審査基準が少し緩く設定されているので社会人になる前に早めに申し込みをして作りましょう。

また、審査が優遇される以外にもポイント還元率のアップやある年齢まで継続使用しているとゴールドカードへ自動ランクアップなどのメリットもあります。

その際、車で旅行したいと考えている方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

ネットショッピングなどでクレカを利用・滞納せずに返済することでカード会社が利用している個人信用情報機関にクレジットヒストリーというものが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを作ることで住宅ローンなどが組みやすくなります。

1、2年ほど前からカーシェアリングサービスなどでキャンピングカーをレンタルしての旅行が人気なようです。

特に長期休暇で利用する方の場合は高速道路を利用しますよね?その際にETCカードを使おうと思う方多いと思いますがETCの利用自体はレンタカーに車載器があれば簡単に利用できますが旅行後に利用履歴を見ようとした時にはETC利用照会サービスに事前登録の必要です。

利用照会サービスではカード利用者本人かの確認のため事前登録として「ETCカード番号」、「ETC車載器の番号」などの情報が必要になります。

レンタカー利用時の車載器管理番号は各レンタカー会社への確認してください。

ETCカードの登録を自家用車などですでに行っている、もしくは1度登録した後は複数車両で利用するときの登録は不要になります。

全ての人が知っているようで知らないルールってありませんか?例えばETCの正しい使い方はどうでしょう。

NEXCOの公式サイトで正しい使い方の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードにはクレカと同じく有効期限があるので車に乗る前に確認しましょう。

乗車後に車載器にカードを挿入することになりますがカードの向きが違う、しっかりと挿入されていないと状態では認識しません。

ETCレーンに入る際の注意点は信号が赤になっていないかの確認とレーン内では時速20km以下の速度で通行してください。

もし何らかの理由で出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車をバックさせず、インターフォンで係員の指示に従うようにしましょう。

車の免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを所持していないから友人からカードを借りてくる。

という話を聞きます。

ETC制度の仕組みとしては他人名義のカードでも利用はできますが別の面で問題があるので家族間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、カードの利用規約を見ると本人以外の利用が禁じられているからです。

制度について簡単に書くとETC・クレカともカード会社が一時的に利用料金を立て替えてカード会員の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払制度は名義人本人と会社の間でのみ信用が成り立っているから可能になっています。

名義人以外の第三者が利用しているのは明確に規約に反するためカードが停止される可能性を含んだ行為になります。

高速道路を利用するときに便利なETC走行ですがいろんなカードがあって選びにくいですよね。

ここではおすすめのカードを何種類か紹介します。

発行手数料、年会費がかからないのはライフカードです。

ライフカードでは誕生月に使用するとポイント還元率が通常の3倍になったり、対応している国際ブランドがVISAやJCBなどの有名なブランドから好きなものを選択できます。

次に紹介するのは日本人なら誰もが知っている楽天カードです。

クレカは年会費無料ですがETCカードの年会費は540円かかります。

年会費がかかるのが嫌だという方もいると思いますが楽天カードはポイント還元率がよくエネオスなどでガソリン給油時にもポイント還元があります。

皆さんは毎月のクレジットカードの利用額はどのようにして管理していますか?カードが2、3枚ならいいですがそれ以上お持ちの方は管理が大変ですよね。

独立起業していてプライベート用や法人用でカードを分けている場合、確定申告時に利用履歴や明細を集める必要があります。

これはETCカードでも同様のことが言えます。

クレカでは1枚につき各カード会社のHPで照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」という1つのサイトでカードごとに過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

出張などでレンタカーでETC利用した明細が必要ならば照会にわからなくなってしまうので気をつけましょう。

車の免許を取ったばかりの大学生、専門学生の方の中にはクレカを持つのが不安でETCカードだけ作りたいという方も多少はいると思います。

そんな方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードは補償金を預ければ誰でも作ることができますが平均利用額が5千円単位で切り上げた額の何倍もの金額をデポジットとして預け入れなければなりません。

そのため、補償金を預けることさえ可能ならばクレヒスに問題があるなど何らかの事情があってクレカを作れない方でも発行されます。

クレカを持っている方との大きな違いがこの点です。

また、別途年会費が発生しその額も通常のETCカードよりも高いです。

最近ETCカードについて調べていたところあまり知られていないと思われる豆知識が出てきました。

それは、車載器がなくてもETCカードは利用可能ということです。

車載器がない場合はETC専用レーンではなく一般レーンを使いスタッフにカードを手渡せば読み取ってくれるので通行可能になります。

係員に手渡しで利用する場合、ETCが導入された理由として人件費削減や渋滞の解消が目的となっており手渡しでは無意味になってしまいます。

そのため通常の利用額に応じたポイントはついてもマイレージサービスのポイントは付かないことやお得なETC割引が使えないなどのデメリットがあります。

急に車載器が壊れてしまった・エラーが起きてしまった時のために覚えておきましょう。

進学・就職を機に車の免許を最近取ったという方もいると思います。

長期休暇の時に友達と遠出を考えているならぜひETCカードを利用しましょう。

ここではETCカードの作り方の種類を解説します。

カードの作り方としては大きく分けて2つになります。

クレカ会社で申し込み、発行しているクレカタイプとNEXCOなどが共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

基本的にはクレカタイプで入手することをお勧めします。

その理由としてはクレカタイプの場合は新規申し込みと同時に申請できるので時間がかからず、すでにクレカを持っている場合は各カードのサイト上で追加申し込みで手続き完了なのに対しパーソナルカードでは発行時に最低4万円の保証料を預ける必要があります大学進学など生活環境も変わり車の免許を取って遠くに出かけたいと思っている方もいると思います。

免許取り立ての方の多くがETCカードを持っていないと思います。

ネット上でもどこで手に入るの?といった質問も散見されます。

なのでETCカードの作り方について少し調べてみました。

まず最初にETCカードは購入するものではなく申し込みをして発行されるものになります。

ネクスコなど高速道路事業社が発行しているETCパーソナルカードと一般的にETCと呼ばれてイメージするクレジットカード会社発行のカードの2種類があります。

もし持っているクレカ会社がETCも発行しているなら追加発行の申し込み、対応していなければ新しくクレカを申し込み、同時にETCを申し込みしましょう。

この前、ネットを見ていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、ETCカードを使用して現金レーンでも支払いができるということです。

料金所入口でカードを係員に渡すことで処理を行われるようですが基本的にはETCの利用は無線通行が原則となっており無線通行しない場合は通行に関する内容がわからなくなるため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンエラーで無線通行できないなど特別な場合は、料金所の係員に「車載器を搭載している」ことを伝えて決済するカードを渡して処理をしてもらってください。

出口料金所の利用時に料金所のない入口を通行していた場合は料金算出の距離の起点がわからないので出口料金所から最も遠い料金所のない入口から計算されるようです。

参考:ETCカードの作り方は?審査ゆるい?【学生も主婦も即日OK】

車に乗る方は持っていると便利なETCカードを持っていると思います。

免許を取ったばかりの方の中にはまだカードを持っていない方もいると思います。

すでにクレカを持っている方は追加で発行してもらうことも可能ですが2枚目、3枚目のクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

持っていない方やサブクレカを申し込もうとしている方向けにポイント還元などの面からどのカード会社に申し込めばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない・あまり車に乗らない方なら年会費無料のライフカードなどがいいでしょう。

楽天でよくネットショッピングをされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高い楽天カードという選択肢もあります。

みなさんの生活環境やポイント還元率から自分に合ったカードを探してみてください。

1、2年ほど前からカーシェアリングサービスなどでキャンピングカーをレンタルしての旅行が人気なようです。

車で旅行をするということは高速道路を利用しますよね?その際にETCカードの使用を考えると思いますがETCの利用自体はレンタカーに車載器があれば簡単に利用できますが旅行後にETC利用照会サービスを使って履歴を見るには事前準備が必要になります。

利用照会サービスではカード利用者本人かの確認のため事前登録として「ETCカード番号」、「ETC無線通行した利用年月日」などの情報が必要になります。

レンタカー利用時の車載器管理番号は各レンタカー会社への確認してください。

ETCカードの登録を自家用車などですでに行っている、もしくはETCカードの登録をすでに行っているなどの場合は新たに登録する必要はありません。

高速道路の料金所でみなさんは一般レーンとETCレーンのどちらを利用しますか?一般レーンで現金・クレカ払いの人もまだいますが約90%の方はETCカードを使っての無線通行をするという結果が出ています。

では、ETCを使うとどんなメリットがあるのか少し調べてみました。

最も大きなメリットとして、料金所をスムーズに通過できることです。

係員とやりとりする時間がなくなることではないでしょうか。

2つ目の大きなメリットは料金割引が適用されることです。

特に割引前と後で料金の差が大きいことで有名な東京湾アクアラインを例にすると一般レーンでの普通車料金が約3000円のところ、ETC割引を使うと800円になります。

大学進学や新社会人になるにあたって車の免許を取って友達と遠出をしたいと思っている方もいると思います。

そんな中で免許を取ったばかりの方はETCカードを持っていない方が多いと思います。

ネット上でもどこで作れるの?といった質問をしている方を見ます。

ここではETCカードの作り方について解説します。

まず最初にETCカードは購入するものではなく申し込みをして取得するものになります。

ネクスコなど高速道路事業社が発行しているETCパーソナルカードと一般的にETCと呼ばれてイメージするクレジットカード会社の発行するカードの2種類があります。

もし持っているクレカがETC対応なら追加発行の申し込み、対応していなければ新しくクレカを申し込みしてその際に一緒にETCを申し込みしましょう。

ETCカードを持っていないから作りたい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレカです。

もしクレカを所持していなく銀行のキャッシュカードしか手元にないという方はクレカを申し込む必要があります。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついているカードもあり、市の場合はそのまま発行手続きができます。

なぜキャッシュカード機能のみだと作れないかというとETCレーンを通過するときにデビット支払いのように銀行口座から即引き落とされてしまう方法では偶然口座にお金がない、新しく口座を作ってお金を移動してしまった場合に料金所出口で通過ができなくなってしまうからです。

皆さんは高速道路を走行する時にETCカードを使っていますか?もし使っていないならすごくもったいないです。

どうしてかというとETC利用で高速道路の料金割引が受けられるからです。

例えば、NEXCOが管理している地方部の利用料が30%オフになるんです。

他にも外環道迂回割引や深夜割引といったサービスも行っているようです。

また、割引適用外区間でほとんどの人が経験したことがあると思う料金所の一般レーンの渋滞を気にすることなくスムーズに通過できます。

ここまで読んでETCってお得!カードを作らなきゃと思った方はお持ちのクレカ会社に追加で発行してもらうか新しくクレカを申し込む際に一緒に発行してもらいましょう。

この前、インターネットを見ていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、ETCカードを使って現金レーンでの支払いができるということです。

料金所でカードを係員に直接渡すことで支払いができるようですが基本的にはETCの利用は無線通行が原則となっており無線通行しない場合は通行に関する内容がわからなくなるため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンエラーで無線通行できないなど特別な場合は、料金所の係員に「車載器を搭載している」ことを話してカードを直接手渡して処理をしてもらってください。

出口料金所の利用時に料金所のない入口を通行していた場合は料金算出の距離の起点がわからないので出口料金所から最も遠い料金所のない入口から計算されるようです。

ETCカードを利用して高速道路の出口を通る際、トラブルが発生していなければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

万が一出口でトラブルが発生してしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

もし車載器側でエラーが発生したらエラーの警告音が出ます。

エラーに気づかないままレーンに入ってもゲートのバーには「STOP」の表示のみが出て、詳細がわかりません。

そのためにETCレーンに減速しながら入っていくことになっています。

バーに接触しないように車を停めましょう。

その際、事故につながることがあるため停車後に焦って車外に出ないようにしましょう。

バーの手前にインターホンがあるのでスタッフの指示に従うようにしましょう。

係員に直接カードを渡して処理になりますが入り口でETCレーンを通過していれば割引は適用されるので安心してください。

自動車免許を取得して友達と車で遠出をする際に首都高などの高速道路を活用すると思います。

そんなときに利用すると便利なのがETCカードです。

たまに料金所の現金レーンで渋滞が起きているのを見かけます。

そんなときにETCレーンが利用できれば料金所渋滞に悩まずに進めます。

ETCカードを発行するにはクレカを発行する必要があり、現時点でクレカを持っている方は追加申し込みで発行されるので問題ないですが新しくクレジットカードを作るときには入会審査が必要になります。

また、カード会社ごとにポイント還元率や年会費の有無など違いがあるので自分にあったカードを見つけてください。

高速道路の利用料金が自動で引き落とされるETCですがネットで調べ物をしていたらこんな質問がありました。

それは「給油するときにETC決済はできますか?」という質問です。

答えから言うと、基本的にはできません。

基本的にと書いた理由としては、クレカ機能付きの一体型ETCカードの場合は給油できるからです。

では、どの会社で申し込めばクレカ機能も付いたカードが発行されるのでしょう。

出光やコスモ石油をはじめとしたガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。

クレカ一体型は一枚で買い物やETC利用が完結するので管理が楽ですが高速道路を走っている途中に休憩をしようとパーキングエリアで買い物をするときに一度車載器から抜かなければ使えないという少し面倒な面もあります。

大学に進学して車の免許を最近取ったという方もいると思います。

長期休暇の時に友達と遠出を考えているならぜひETCカードを使いましょう。

ここではETCカードの作り方を解説します。

カードの作り方としては大きく分けて2つになります。

各カード会社から発行しているクレカタイプと各高速道路会社が共同発行しているETCパーソナルカードという2種類です。

クレヒスに問題があるなど特別な理由がなければクレカタイプをお勧めします。

その理由としてはクレカタイプの場合は新規カードの申し込み時に一緒に申請でき、現在クレカを持っている場合は追加申し込みでとても楽なのに対しパーソナルカードでは発行時に最低4万円の保証料を預ける必要がありますよく「大学生のうちにクレジットカードを作っておこう」と言うアドバイスをする人がいます。

学生にクレカはまだ早いんじゃない?と感じる方もいると思いますが学生専用のクレカも用意されているので社会人になってカードが必要になる前に申し込みをしましょう。

また、学生専門ローンの中にはポイント還元率のアップやある年齢(例えば26歳)まで継続するとゴールドカードへ自動ランクアップするなどのメリットもあります。

その際、車に乗られる方はETCカードの申し込みも同時に申請しておきましょう。

作ったクレカをネットショッピングなどで利用・返済することでカード会社と個人信用情報機関にクレジットヒストリーというものが記録されます。

若いうちからクレヒスを作ることで社会人になってから利用上限額などが上げやすくなります。

高速を利用するときに便利なETCカードですがカードの選択肢が多くて選びにくいですよね。

ここではおすすめのカードを2つ挙げます。

発行手数料、年会費がかからないのはライフカードです。

ライフカードでは誕生月に使用するとポイント還元率が通常の3倍になったり、対応している国際ブランドがVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できます。

2つ目に紹介するのは日本人なら誰もが知っている楽天カードです。

クレカの年会費は無料ですがETCカードには年会費が540円発生します。

年会費がかかるのが嫌だという方もいると思いますが楽天カードは基本的にポイント還元率がよくエネオスなどでガソリン給油時にもポイント還元があります。

高速道路の料金所で止まらずに通行できることや料金が割引されるなど便利でお得なETCカードですがその普及率はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本のHPに載っている利用率調査によると平成30年3月に高速道路を走行した中の約90%の車で使われていたそうです。

ほとんどの方がETCを活用しているということです。

割引額に関しても東京湾アクアラインではETC利用で普通車料金が800円ですが通常料金では約3000円と大きく違います。

こういった話を聞くとまだETCを使ったことがない人も使いたくなりますよね。

気になるカードの申し込み方法ですがすでにクレカをお持ちの方は追加で申し込み、クレカを持っていない方は新規でクレカ申し込みする際に同時にETCカードの申し込みもできます。

ガソリンスタンドで給油する際にいろいろな支払い方法が選べます。

最近ETCカードを持っていなかったので作ろうと思い調べていたところカードによってはガソリン給油時に最大8円/L値引きやクレジットカードで支払いをした時の付帯ポイントが2倍になるなどの特典がつくお得なカードもあるようです。

例えば、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンス時にポイントが2倍になり貯まったポイントの利用もできるそうなのでよく通勤などで車を利用される方や高速道路を使う方は給油時・スタンド利用時の特典がついたカードの利用がお得です。

このようにカードごとに特典が違うので選ぶ際はいろいろ調べてみてください。