カジノに彩りを添える音楽とは

どんな映画にも必ずといっていいほどテーマミュージックがあり、それぞれの場面をドラマティックに演出してくれます。
音楽というものは理屈ではなく、ダイレクトに人間の感性に働きかけるものとして、スポーツ選手などでもここぞという勝負時のため、自分のテーマ曲を設定している人も少なくありません。
カジノという華麗な闘いの場でも、昔から数多くの映画の舞台となり、そのテーマ音楽が作られてきました。
スパイもののあまりにも有名なシリーズで「007・カジノ・ロワイヤル」のメロディーを覚えている人も多いのではないでしょうか。
2006年に発売されたオリジナルのサウンドトラック盤には、どこかなつかしく華やかな曲から、勇ましさや憂いを帯びた曲まで25曲がリリースされています。
他にも名曲とうたわれているヘンリー・マシニー作曲の「ピンクパンサー」などがあり、本当に優美でミステリアスで、そこはかとなく香りまで漂ってくるようです。
これらはジャンルを超えて多くの称賛を得ていますが、その所以を探ってみると、限りなく人間の内面を映し出すかのような美しい旋律にあるといえるのではないでしょうか。