転職や独立の場合によく受ける住宅ローンの相談とは?

転職や独立の場合によく受ける住宅ローン相談住宅ローン相談においては、転職や独立を予定している人が、その前にローンを組んでおいた方がいいかどうか、という相談を受けることがあります。
一般的には、同じ会社に3年以上勤務していることを融資の条件にしている銀行が多数ですが、最近は転職から3年以内でも借りられる銀行も一部あります。
各銀行ではホームページに住宅ローンの情報を掲載しており、その中に、お申込みできる方の条件、といった項目が必ずあります。
そこに、同一事業所に3年以上勤続されている方、といった項目がなければ、転職からの経過期間を条件にはしていないということになります。
ただし、会社によっては、転職2年目から給料に業務成果が連動する給与体系をとっていることがあります。
この場合、いくらなら無理なく返済できるのかは自分でも判断しにくいとも言えます。
数年働いてみて、転職後の家計の見通しが立つまで時間を置いてみるなど、慎重に検討する姿勢も大切になってきます。
新生銀行住宅ローン相談窓口は?人気ナンバーワン!【メリットは何?】