今話題のモビットのおまとめローンの審査って?

おまとめローンの申し込みで一番手軽な方法は全ての手続きがインターネットで完了できるweb完結です。

ローン手続きを他人に見られるのは気まずいと思う人には最適ですし夜中や早朝でも、自分の都合が良いタイミングで申し込むことができます。

web申し込みとweb完結は違うために注意が必要ですがweb完結なら必要書類を撮影しネットで送信すれば完了です。

web申込みは申し込み手続きだけをインターネットで行って必要書類を持参して店舗へ出向いて契約する金融業者もあります。

web完結なら外へ出かける必要もなく郵送でのやり取りが無いローンもあるので時間を節約することができます。

おまとめローンの手続きをテンポよく進めるために必要書類や手続き方法等紹介いたします。

必ず必要となる書類として本人確認書類というものがあり通常は運転免許証やマイナンバーカード等写真入の書類が必要になります。

今の借入残高を証明する書類の有無は、おまとめしてくれる金融機関によって異なりますが消費者金融でおまとめを希望する場合には総量規制の例外貸付になりますから必要となります。

収入証明書はおまとめをする金融機関によって異なりますが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上のローンを組む場合に必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票等が該当します。

特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している場合、早めに用意しておくことをおすすめします。

おまとめローンとはいくつもの金融業者から借り入れをしている人が新たな金融機関から借入れをして、既存のローンをすべて完済するためのローンです。

何件もの金融機関からお金を借りていると返済日がバラバラで銀行の残高管理が大変です。

与信枠が低いと利息が高くて不利ですから何件ものローンをまとめて1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

反面、おまとめローンを希望する人は多重債務者ですから審査が不利になったり、厳しくなる事があります。

おまとめローンを提供してる金融業者もありますのでそのような業者なら前向きに審査してくれると思います。

マイカーローンというのは5年から7年にわたる返済期間になりますので、ショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品になりますので毎月の返済額が高くなるのは否めません。

その間に給料が下がったり転職などで収入が減ると毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組んでしまうということも選択肢としてあり得ます。

銀行が提供しているおまとめローンならその方向性でも問題ないと思うのですが消費者金融の場合、マイカーローンをおまとめローンにすることはできないかもしれません。

その理由は、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの借金を1本化するためのものなので銀行から融資を受けて組んだマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社のマイカーローンで、キャッシング枠ということであれば対象となりますが通常のマイカーローンのようにショッピング枠ということでしたら、利用することはできません。

複数の借入れがあってもおまとめローンを使えば1本化できるので毎月何回もあった引き落とし日が1日になるので残高管理が楽になります。

おまとめローンも一般のカードローンと同様に与信審査がありますが通常のカードローンよりも金利が高く、審査基準が厳しい場合が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を実例で比較しますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

どちらの金融業者からおまとめローンを借りるとしても毎月の返済金額を下げるという事は返済期間が長くなるということです。

返済期間の長期化は発生する利息を増加させますのでおまとめローンに借り換えるよりも返済総額は大きくなることは避けられません。

銀行系消費者金融のアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンというキャッシングローンがあります。

通常、消費者金融の融資は総量規制の対象となりますがおまとめローンのように顧客のメリットになる貸し付けには例外貸付が適用されます。

例外貸付の条件は利用者に有利な貸付であることで新規借り入れ分を含めた借入総額が年収の1/3を超えても融資が認められるというものです。

アコムの借換え専用ローンは融資上限が300万円ですが、一般向けカードローンよりも最低金利は高くなっています。

借換え専用ローンで得た融資金は貸金業者への返済に限られておりクレジットカードのキャッシング枠の返済には利用できますがショッピング枠は使えません。

複数の金融業者から借り入れがあると引き落とし日がバラバラなので、管理するのも一苦労ですね。

多重債務をする人は借入可能額が低いために何社からも借りることになったのでしょう。

金利の設定は借入限度額が高いほど低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが効率的です。

反面、多くの金融機関で多重債務者は敬遠されがちですので借金の全てを完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

でも、おまとめローンなら多重債務者が有利になるための借り換え商品なのでなるべく早く申し込むことをおすすめします。

おまとめローンに申し込んでみたものの審査に落ちたという人はいませんか?その原因を究明しなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性があります。

おまとめローンの審査項目には年収や勤務先、勤続年数、借入件数などの項目があり、これらの条件に照らし合わせて問題が無ければ審査を通過することができます。

参考:モビットおまとめローン審査は?借金一本化は?【総量規制対象?】

年収は多い方が有利になりますが、重要なことは借入総額とのバランスで借入希望額が年収の基準に収まっていれば返済可能と判断してもらえることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと有利になりフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

個人信用情報は借り入れや返済状況を照会して審査される項目で過去に自己破産を経験していたり返済の遅延があった人などは厳しく審査されることになります。

銀行にはおまとめローンという商品は意外と少なく借り換えローンやフリーローンと呼ばれる名前の商品のほうが多いと思います。

銀行は総量規制がありませんので追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付が適用されているので、返済専用のローンとなっています。

銀行のフリーローンであれば事業用資金以外は使い途は自由となっているのですが消費者金融のおまとめローンは貸金業の返済だけに限定されています。

銀行のおまとめローンの特徴として低金利で高額融資が挙げられますが一方の消費者金融の場合、最大金利が18.0%、最大融資額は300万円となり銀行よりも条件は悪いです。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行よりも審査に通りやすく審査結果や融資までの時間が早いので、銀行にはないメリットもたくさんあると言えます。

おまとめローンという商品は埼玉りそな銀行にはありませんがおまとめに使える「フリーローン【りそなプライベートローンJ】」があります。

最高限度額は300万円と消費者金融と同じですが、金利は低く設定されており銀行カードローンにもかかわらず、最短で翌日融資可能というスピード感も魅力です。

消費者金融ではありませんから総量規制は関係ありませんし、申し込み要件に年収制限はありませんから、パートでも申し込みが可能です。

満20歳以上で完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入がある日本に在住している人なら申込はできますが残念ながら、学生の申し込みはできません。

りそな銀行には「プライベートローンJ」の上位にあたる「りそなプレミアムフリーローン」もありますが最低年収が400万円以上とハードルが高くなっています。