魚には、放射性物質が蓄積されにくい!?

まだまだ福島第一原発の影響は甚大なものがあると思います。(涙)※放射線情報を提供するもの、※放射線情報を利用して色々な対策をしている者、このように色々な人達がいますよね。(汗)また事故が起きた福島第一原発辺りの海域では、法律で定められている放射性ヨウ素、放射性セシウムの量以上で検出されていると言います。こうして、この周辺の魚は、既に被ばくしているのではないか!?(汗)(汗)こうした中で、魚には放射性物質が蓄積されにくいとの見解もあるようですね。通常魚に溜まってしまうと考えられている有害物質は、水銀だとされています。そして、魚の体内では海水中にいるプランクトンの量の大体360倍~600倍もの量がいると言います。魚の体内では、放射性ヨウ素が減る速度が速いようです。ですから、入ってしまった放射性セシウムとか、プルトニウムは、魚の尿、またはエラから排出されていきます。こうした体質を持っているので、放射性物質が魚の体内に溜まりにくいと言います。そんな見解が出来ると言うのです。この体内には、1kgあたり3ベクレルと言った放射性物質が検出されました。今までセシウムなんか殆ど検出されたことがなかったのに検出されたと言うことです。これは、どうしても事故の影響があると言わざるを得ないですよね。(汗)~とは言っても、この数値は非常に低い数値でもあります。ですから、蓄積しにくいと言うことも本当なのだろうと考えても良いかもしれませんね。(笑顔)それでも不安なことは、不安だと思います。(汗)(笑顔)